FC2ブログ

tutu NYC

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HatattackUBS30.jpg

いつもシーズンの変わり目は、洋服よりも小物の方が早く動くのが特徴です。NYは涼しくなってきたとはいえ、まだ半袖を着ている人がほとんどで、秋物の洋服を着るにはまだ早い。だから、Tシャツやキャミソール、半袖で秋色のダークカラーのもの、そしていますぐにきれるものが動いています。そして、小物の中では、帽子の動きがとてもよいようです。なかでも、ニットのオーバーサイズベレーが人気で、20代のオシャレなヤングの層から、30代、40代の方まで幅広くかぶれるデザインなので、あまり人を選ばず、そして、いろんなスタイルに合うため、よく売れています。そして、カラーバリエーションが豊富で、ニューヨーカーが好むブラックはもちろん、ダークネイビーにローヤルブルー、今年のトレンドカラーのパープルなどもあり、カラーの選択肢が広いので、様々な洋服にも合わせやすいのが特徴です。今シーズンのベレーは、サイドにボタンが2つついていて、サイズもアジャストするようになっています。また、耳をカバーする事ができるので、冬の寒さが厳しいNYでは、こういった防寒用の、そしてオシャレなハットはとても重宝しそうです。
プライスは$45、カラーバリエーションは写真をご覧くださいね。

tutu
55 Spring St
New York, NY 10012
212 219 9548
tutu@tutuny.com
スポンサーサイト
GCmarket.jpg

私が経営をするセレクトショップtutuをクローズするのが8時、その後、片付けて地下鉄にのり、最寄りの駅、グランドセントラルにつくのが8時半くらいになる。そのまままっすぐ帰って、何か簡単にお料理をしようかなと思うときに、よく立ち寄るのがグランドセントラルステーションにある、グランドセントラルマーケットである。9時までオープンしているから、帰りに立ち寄るにはちょうど良い。すべてがオーガニックという事ではないが、新鮮だし、種類も豊富で、野菜や魚、肉やチーズ、コーヒーなど、セレクトされたショップが入っているので、多少値段は高いのだけど、とっても諜報するマーケットである。特によく買い物をするのは、写真の右に映っている韓国系の野菜やフルーツ、それにフラワーを販売する、八百屋のような店。いつ家で食べるかがわからない私は、あまり買い置きをせず、少量を買ってできるだけ、数日で使い切るようにしている。ニューヨークは、レストランで外食をする人も多いけれど、お惣菜を買って家で食べる人もおおい。そして、この駅は、マンハッタンの中心地でもあり、トラフィックが最も多い駅であり、地下鉄を利用する人も多いけれど、ニューヨークのアップステーツに電車で1時間くらいかけて通っている人たちも多い。そういう人たちは、電車の中で食事をする人もいるわけだから、このグランドセントラルマーケットが便利な訳がよくわかる。
tutu_petfashonweek.jpg

みなさん、こんにちは。
NYはすっかり過ごしやすい季節となりました。本来なら、もっと暑いんですけどね、、、。
最近、犬の事ばかりをブログにのせてしまっている私ですが、今日は先週末に行われた、NY Pet Fashion WeekにPARIERO-NYが出店をしたので、その様子をお伝えしますね。このショーは、規模は小さいものの、比較的オシャレでトレンディーな犬の洋服や小物、その他アクセサリーなどのブランドがあつまる展示会です。PARIERO-NYが出店をするのは初めてでしたが、デザインが派手で目立っていたために、アメリカ人にはとても珍しく、そして、好評でした。特に人気だったのは、I CROWN NYの新作や、ローリングストーンズのTシャツで、やはりこういったデザインのものは、アメリカ人のバイヤーさんにもわかりやすかったようですね。プライスが比較的高いめなので、プライスで全くだめだという人もいれば、かっこいいから高くてもトライしたいという人など、様々です。

いまから約10年前に、日本のParis Eroticaが誕生したときのように、焦らず、こつこつとがんばっていきたいです。

RumbaAndy2.jpg

私がお手伝いをしている、ドッグストアーのPARIERO-NY店の看板犬で、そして私の愛犬のRUMBAと、お友達のANDY君が、お揃いのお洋服をきて撮影をしました。この商品はPARIERO-NYの新作で、KISSが犬バージョンに代わってプリントされている、KISS REMAKE CAMIです。RUMBAはオフホワイト、ANDYはチャコールを着て、どちらもしっかりカメラ目線できまっています。さすが、モデル犬、撮影はなれているみたいですね。というようり、撮影の後にクッキーがもらえるから何ですけどね!!親ばかぶりを発揮しているのはわかっていますが、自分の愛犬RUMBAとお友達のANDYがかわいく映っている写真を皆さんにもみていただきたいと思いました。

ps : この新作が入荷した日に、近所のゲイのロッカーが、この商品を見て一目惚れ。犬をパーティーにつれていくから、そのときに着せたいといって買っていってくれました。そのおにいさん、腕はタトゥーだらけ、ヘアーは???(なんて表現していいかわからない)きっと、彼のテイストにぴったりだったのだと思う。このブログで彼の写真がお見せできないのが残念です。

tutu
55 Spring Street
New York, NT 10012
212 219 9548
tutu@tutuny.com



Lululame3

カリフォルニアブランドのLulu Lame(ルルラメ)は、今年の夏から取り扱いはじめた新しいブランドです。フェミニンで、それでいて大人っぽいデザインだから、ニューヨーカーの人たちには人気でした。そして、秋一番の立ち上がりに入荷したのは、ラッフル使いのトップスです。レーシーな布帛とジャージー素材を使用したこのキュートなトップスは、デザインがかわいいだけに、ボトムにはレギングスやスキニーデニムのようなスポーティーなものか、もしくは、ショーツでもかっこいいですね。そして、メンズライクなハットをあわせるというのが、とってもオシャレです。キュートなスタイルにマニッシュなハットは、ニューヨークの女の子も多く取り入れているスタイル。この、Lulu Lameのトップスは$142.00で、ハットはtutuのおなじみのHat Attack、そして、プライスは$62.00です。この帽子には、共布のベルトの真ん中にグログランテープがポイントについています。この他の帽子では、プレイドチェックやバックル付きのハット、それに、先シーズンも大人気だったニットベレーなど、ふんだんに取り揃えていますので、またご紹介させていただきますね。

tutu
55 Spring St New York, NY 10012
tel : 212 219 9548
tutu@tutuny.com


Aoyama2Lux.jpg

以前にもご紹介をした事がある、フランスのブランド、AOYAMA ITCHOMEのチュニックトップとLAのハンドバッグブランドのDEUX LUXです。フランスのブランドでありながら、AOYAMA ITCHOMEというブランドネームは、デザイナーがパリ在住の日本人だからなのです。今回のトップスは、チュニックトップとしても、ドレスとしてもきれるデザインで、この他にもいくつかのプリントのパターンがあります。今回ご紹介しているのは、猫のかわいいプリントで、その他にもあと2パターンのプリントがあります。スタイルは、ディスプレイのように、レギングスをあわせたり、カラータイツにブーツをあわせるのもいいですね。そして、tutuの売れ筋ブランドであるDEUX LUXもたくさん入荷しました。今回のデザインは、クラッチバッグですがロングストラップがついているからこのようなスタイリングにもできます。クラッチにしてもつこともできるし、肩からかける事もできるから、とっても便利!ゴールドのバックルがポイントのこのクラッチは、きっとニューヨーカーのお気に入りになるでしょう。その他、次々に新作をご紹介していきますので、ご期待くださいね。
Rockyceremony1.jpg


ベニハナレソトランの創業者であるロッキー青木さんがおなくなりになられてから、約3週間でしょうか?なくなられたという連絡をいただいたのは、私がバケーション中で、イタリアのシシリーにいたときでした。結局、お葬式には出席できませんでしたが、今回のセレモニーには出席をさせていただく事ができ、改めてロッキーさんの偉大さを実感しました。
皆さんもご存知の通り、ベニハナの創業者として、そして、レスリングのオリンピック選手、また、ボートや気球など、冒険家としても知られるロッキーさんは、アメリカに初めて日本食を伝えた人?ではないでしょうか。ロッキーさんはベニハナをオープンされたのが1964年で、かなりNYが危険な頃です。そして、それ以前には、ハーレムでアイスクリームを販売し、資金を稼がれたはなしを、以前新聞で連載されていたときに毎日よんでいました。あの頃、私もアメリカに来たばかりだったので、かなり影響をされたのを覚えています。そして、ロッキーさんが出版された、「人生死ぬまで挑戦」をよんでアメリカンドリームをつかもうとNYにこられた人も多いと思います。
セレモニーは、ロッキーさんがメンバーである、NYAC (NYアスレチッククラブ)というところで行われ、ベニハナのシェフもこられていて、鉄板焼きではありませんでしたがお寿司などをいただきました。そして、ロッキーさんの昔からの映像を拝見しながら、奥様の恵子さんや息子さんのケビンさんや、スーパーモデルのお嬢さんである、デボン青木さんたちのスピーチは感動的でした。そして、なんといっても、ロッキーさんのために集まってこられた大勢の方、それも人種を問わず、とにかく多くの方が集まられて、ロッキーさんの偉大さをかんじました。

ちなみに、私が一番ロッキーさんとの思いでで印象に残っているのは、ロッキーさんとけいこさんはむぎちゃんというウィートンテリアの犬を飼っていらっしゃっていて、そして、キャッツキルに山荘をもっていらっしゃいます。昨年の夏に犬たちと一緒に遊びに伺った事があるのですが、そのときに私の愛犬RUMBAがロッキーさんのボートのベニハナ号の運転席にのせてもらい、写真を撮らせていただきました。キャプテンRUMBAはとってもかっこ良く、本当に楽しそうでした。とってもいい思い出となりました。本当に、最後まで病気と闘われたロッキーさんは、最後まで挑戦されたことでしょう。私も、人生、いつも挑戦するつもりでがんばりたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。